FC2ブログ

☆ sweet chocoを召し上がれ・・・ ☆

叶わないと思っていた そんな2人が 今一緒に居ます

ありがとう・・・2014年

2014/12/31 23:55 ジャンル: Category:日々の出来事
TB(0) | CM(0) Edit


「 今年は2人だけのお正月だね~ 」 なんて思っていたら

私の娘や娘の彼氏も来てくれて

本当に賑やかな年越しになった


テーブルに乗り切らない程の料理もお酒も

見事なほど気持ちよく それぞれのお腹に納まった(笑)

彼は終始笑顔で 「 楽しいなぁ~♪ 」とお酒もすすむ



ビール、焼酎、、日本酒、ワイン・・・ 

用意したお酒を (娘彼と)夕方から飲み続け 

飲み物専用の冷蔵庫もカラッポ


除夜の鐘の頃には 「 年越し蕎麦も食べる~♪ 」と大騒ぎ


年越し蕎麦


お陰で私は台所に立ちっぱなしだったけど

みんなの笑い声に包まれて 暖かい気持ちになった



こんな時間が これからも続きますように。。。



私の周りの全ての人達に ありがとう(*^。^*)♪





スポンサーサイト




初めてのクリスマス

2014/12/25 13:42 ジャンル: Category:そっと・・・独り言
TB(0) | CM(0) Edit


彼の奥さんになって 初めてのクリスマス


クリスマスリース2



でも 何も変わらない



彼が 「 ただいま~(*^。^*) 外は凄く寒いよ~ 」 って

うがいもしてないのに キスしようとするのも

「 お腹が空いたな。。。 」 って台所を覗き込むのも



クリスマスリース1  売り場は・・・




何も変わらない



きっと 他から見たって

何も変わらない 今まで通りのクリスマス♪




玄関の表札だって

今まで通りに 2人のそれぞれの名字が並んでるし


私宛の郵便も 今までの名前のまま




それでも 私だけが分かっていれば良いんだよね






彼が 毎晩眠りに就く時に

「 もう誰にも盗られないんだよな 俺のものだよ 」 って

優しく抱き締めてくれること。。。



ウェディングケーキ





クリスマス・プレゼント

2014/12/24 13:01 ジャンル: Category:彼との事
TB(0) | CM(0) Edit


今月に入って 私がバタバタしていたものだから

彼へのプレゼントを決めかねていた


付き合い初めの頃は 残るものを贈るのが怖くて

写真さえ撮る事も無かった


やっと慣れてきてからは

いつも身に付けて貰えるもの 長く使えるものを選ぶようにしている


彼は自分の事には無頓着で

その日に着る洋服さえ 組み合わせとかも気にしていない


それでも 「 いい物は やっぱりいいね♪ 」 ってのは理解してる(笑)



元旦那が かなりのお洒落で拘るタイプだったので

私はあえて身に着けるものは選べなかった

今、彼の物を選ぶのは私の楽しみになっている♪



帰省する直前に 私が選んだのは ビジネス・バッグ

今使ってる物は もう古くなってるし最近ファスナーの調子が悪い



腕時計は3種類、長財布、、コート、ネクタイ、ゴルフ用ダウンジャケット。。。 

毎年彼は 私モードになっていく

やはり次はバッグだよね ♪ 



以前、買い替えを考えて探し回った時に気に入った様子だったけど

「 高いね。。。 」 って諦めたオーダーメイドのビジネス・バッグ



その時に2人で

「 デザインはこれで 皮はこっちがいいよね~ 裏地とファスナー&金具はこっちだね 」

なんて勝手に選んだのを覚えて居た



内緒で注文したものの

やはりクリスマスには間に合わないらしい・・・


彼はプレゼントの話題には触れないけど 私が現在働いていないから

気を遣ってくれているのかも



早く出来あがらないかな~

彼の喜ぶ顔が見たいんだもん♪




あ、因みに

彼からのプレゼントは 私の愛車のスタッドレスタイヤ&夏タイヤのインチアップ

お陰でこの季節の帰省がスムーズに出来る♪


今週も車で帰省の予定で~す(*^。^*)





付き合いなら、何でもアリなの?

2014/12/23 12:22 ジャンル: Category:そっと・・・独り言
TB(0) | CM(0) Edit


実家から帰る予定だった その日

彼はいつもの飲み仲間達に誘われて 昼間から出掛けて居た

本来ならば私も同行する いつもの仲間達

私が帰省中という事で 急きょ 『 男子会 』 と言う事で盛り上がっていた

その様子は グループ・ラインで常時私の元に伝えられる


「 たまには ゆっくり楽しんでね♪ 」

なんて、物分かりのいい奥様として(笑) そこそこに対応

後は・・・  酔っ払い相手なので適当にあしらっていた



そのうち

仲間の1人が 「 男祭りなんだから・・・ 」 とか言って

何やら出会い系居酒屋に行こうと言い出したようで

連絡が途絶えてしまった



そうなんだよね



勝手に「 男祭り 」 なんて盛り上がって

初対面の女の子達と相席になるシステムの居酒屋に行っていた



途中で気が付いた私は   激怒




『 付き合いなら何でもアリなの? 私が帰省してるから自由なの?

  入籍早々なのに、誘われたからってノコノコ行っちゃう神経も疑うし

  こんな状況なのに そういう店に誘うアイツ等の神経も信じられない!!! 』



もう連絡は必要ないと伝えて 彼のラインはブロック

仲間達のグループ・ラインも削除した(笑)



何だか無性に腹が立って 情けなくて

彼の元に帰るのさえ躊躇われたよ





もちろん 分かってる

仲間内のバツイチ40代は忙しくて なかなか出会いが無く

既婚者の仲間達も気にしていた

それで、付き合いと興味本位で行ったのだろう



しかし、便乗して 既婚者自身が楽しみたかったのも事実

相席の女の子達が料理やお酒をガンガン注文して いいカモにされたんだよ





私は予定通りに 早朝到着の高速バスで帰宅したけど

寝室へは向かわず 他の部屋で布団に潜り込んで寝た

彼は 私の帰宅に気付きながらも顔も見ないで 出勤した




喧嘩しても 何があっても お互いが帰る場所は此処だから・・・


でも ちゃんと反省して謝るまで 許してなんてあげないよ
















あ・はは・・・ な 終わり方

2014/12/22 13:35 ジャンル: Category:家族の事
TB(0) | CM(0) Edit


何だかんだと埒が明かず

結局、深夜の高速バスに飛び乗った



早朝の故郷は 凍て付く冷え込みで 

凍結した道路では キャスターバッグさえ横滑りを繰り返す


「 私って・・・ こんな冬を過ごしていたんだっけ? 」 なんて呟いても

誰も笑ってはくれないんだよね~ (笑)


警察の方から電話で

「 引っ越しをするくらいの意気込みで 家中を探してみて下さい 」 と

何度も言われていたのに

なかなか充分な時間が無かったので

今回は 防寒対策をしっかりして 『 宝探し 』






そしたら ナント  


あったんだよね・・・








それは 母親の寝室のベットの下に。。。





笑うしかなかった 

「 絶対に無い!! 」と言い張って あんなに大騒ぎをしたのに

母親の勘違い 思い込み違いだったなんて



これは 心から望んでいた 一番いい結末



母親を頭から疑う事も出来ず

強引に母親の荷物を探せなかった私の 詰めが甘かった結果






だからと言って

物忘れが酷くなっている 母親を責める事も出来ず

ただただ 「 良かったね 」 と繰り返すしかなかった




その後、急いで各所へ連絡と報告 





そして ひたすら謝った





どどど・・・っと 一気に疲れたけど


本当に良かった



巻き込んで 貴重な時間を費やさせてしまったみなさん


本当に ごめんなさい






彼の出勤前に帰宅したくて

昨夜の高速バスに乗って 早朝の帰宅






そんな私達に また新たなトラブル勃発で


帰宅してから まだ彼とは逢って居ない・・・


これじゃ、何も変わらないじゃん





思い遣るということ

2014/12/17 11:52 ジャンル: Category:そっと・・・独り言
TB(0) | CM(0) Edit



【 好きなタイプの男性は? 】
 

そう聞かれて


「 思い遣りのある人 」 とか 「 私を大事にしてくれる人 」 なんて

よく答えてる



んじゃ、「 思い遣り 」 ってなに?



【 他人の身の上や心情に心を配ること。また、その気持ち。同情。(goo辞書) 】


見返りなんて求めてない





私が両親を思って行動するのは 娘なのはもちろん

母親の辛さを少しでも楽にしてやりたいと言う 『 思い遣り 』



そんな私に迷惑ばかりは掛けられないと 頑張っている母親の気持ちも

娘(私)に対しての 『 思い遣り 』



私や私の両親の体調や 帰省時の運転を心配して

週末にわざわざ迎えに来てくれたのも 彼なりの 『 思い遣り 』



今回の事件は

私たち家族に たくさんの教訓と思い遣りの大切さを教えてくれた



本当に大変なのは きっとこれから。。。




それでも それぞれが相手を思って 気遣って

何とかしてあげたいと動いている





雪の予報が出ていた 前日の夜

仕事を終えた彼が そのまま新幹線に乗ったと連絡をくれた



「 chocoが心配だから。。。 一緒に戻ろうと思って 」



そんな何気ない 『 思い遣り 』



再婚して初めて 

彼の優しさを堂々と受け入れても良いのだと実感した



私の両親も 彼との再婚に 心から喜んでくれた




これからだって たくさん喧嘩もすると思うけど



お互いを 思い遣れる そんな関係でいたい










これからが・・・ 親孝行の時

2014/12/15 17:56 ジャンル: Category:家族の事
TB(0) | CM(0) Edit


落ち着いたかのように思えた母親が

食事も摂れず 眠れない状態だと

父親がこっそりと連絡をしてきた


母親は働いている私に迷惑は掛けられないと

耐えて居たらしい。。。





脳梗塞を持っている母親が

こんな事で寿命を縮めてしまったら 

私は 某有名金融機関を恨まなくてはならない?




とにかく、職場の上司に事情を話してお休みをもらい

翌日の朝には高速に乗った


こんな事も有るだろうからと

今年の 彼からのクリスマスプレゼントは

私の車のスタッドレスタイヤ & 夏タイヤのインチ・アップ (笑)



雪道走行も覚悟の上で

高速道路を北へと向かった



とにかく母親の不安を 取り除いてあげないと

取り返しのつかない事になりそうで

ハンドルを持つ手が ただただ震えた



しかし。。。

今、私に何が出来るのか?




某金融機関が過失や不備を認めない限り

前にも後にも進めず 母親を苦しめるだけ



契約内容をよく分からないままの高齢者が 

金融機関の横領や詐欺の餌食になる事件は

ネットやニュースで聞いては居ても

イザ、身内が被害者になった時に どうしたらいいのか

全く分からないまま 私達は踏み込んでしまった




フロントガラスに 吹き付ける雪を眺めながら


「 どちらかの勘違いであって欲しい・・・ 」 とか

「 無くなったお金が突然出てこないかしら? 」 とか


あれこれ 考えては 溜息をつき 



母親をこれ以上刺激しないで

これから どうする事が最善なのか

自問自答を繰り返していた




故郷に向かう道が 切なく感じたのは初めてだった





弁護士に相談する事も考えた


しかし、

 「 もう忘れてしまいたい 」 と言い出している母親を

これから先 何年も苦しめるのは忍びない




何より 金融機関に関する事なので

本人同席で無いと 何も話し合いには応じてはもらえなし



金融機関本部の「 お客様相談センター 」 の対応も

自分の非は決して認めず 対応も冷たい



「 ボケているんじゃないの? 」



そう言いたげな 対応は 

本部も 支店も変わらなかった




ネットでは

その金融機関の同じような事件がいくつもあって

あまり公にされないまま片付けられていた


それは警察も充分知っていて 

内部告発からしか捜査が出来ないと言われた




今は・・・ 母親の体調の方が大事





これからが 本当の親孝行だよね














1 ・ 2 ・ 3 ・・・・ ( 笑 ? )

2014/12/03 23:21 ジャンル: Category:彼との事
TB(0) | CM(0) Edit





やっと此処まで来て



少しずつでも良いから  これからも前に進むために



1 ・ 2 ・ 3 ・・・ 




今日という日を選んで  私達は入籍致しました♪





家族みんなには 賛成してもらえなかったけど


私達は 自分達の意思で前に進みます



いつも 応援してくれた みなさん



  ありがとうございます




これからも 見守っていて下さいね


よろしくお願い致します








いよいよ来たか。。。

2014/12/01 10:51 ジャンル: Category:私の事
TB(0) | CM(0) Edit



両親が高齢になってくると

何かと帰省する機会も増えて 離れて暮らしているのは不安になる


テレビニュースでは 高齢者を狙った犯罪も多く報道されて

「 怖いよね。。。 」 なんて言いながらも 他人事だと思っていた




そんなある日 故郷の母親から

「 相談があるから 帰って来て欲しいんだけど・・・ 」 と深刻な様子の電話

何やら 電話で何とかなるような内容では無かったのと

母親が相当に落ち込んでいて そのせいで体調にまで影響が出ていたので

とにかく慌てて帰省した





まだハッキリした訳では無いが 母親は被害者の様で

早々に警察に相談した

対応してくれた担当者は 母親のショックによる体調変化を気遣ってくれて

私にも母親を励ますようにアドバイスもしてくれた

正式な被害届は 証拠書類が出来てから出すことにして

相談した内容を書類に残してもらった



被害額が想像以上に高額で 母親だけでなく私もショックだった

田舎特有の信頼関係を 鵜呑みにした母親には呆れたけれど

母親が老後の為に貯めて居たお金だと思うと 可哀そうで仕方がなかった



多分、戻っては来ないだろうと感じては居ても

母親には 「 大丈夫だよ 何とかなるから心配しないでね 」 と言い続けた




何日も眠れず 血圧も上昇したままで泣いてばかりいる母親を 

父親はどうする事も出来ずに困り果てて居た




父親 : 「 chocoが帰ってきたら お母さんが落ち着いたみたいで良かったよ 」


母親 : 「 無理言って帰って来させてごめんね。 でも気持ちが楽になったよ 」




もう両親だけで暮らさせるのは限界だと思った




きっと、誰かが一緒に暮らしていたなら

こんな金銭的な被害に遭う事はなかったに違いない

たくさん不安な思いをさせてしまって 申し訳ないと思った




ここ最近、彼も交えて

私の両親の面倒を看ていきたいと話し合って居る



今年の夏に 父親が入院した時に考え始めていたけれど
なかなか彼には言い出せなかった

サラリーマンの彼は
もちろん定年までは故郷に戻るつもりは無かったし
私も一緒に居られるものだと思っていた

いつかは自分達も考えなければならない老後の問題
今は自分の親達が まさにその時で
「 そのうち・・・ 」 なんて猶予は無いのだと つくずく感じている


彼が自分の親や兄弟よりも 私と過ごす事を選んでくれたのに
私だけが親を看たいと言うのは勝手なのかもしれないけれど
彼はそれも仕方がない選択だと言ってくれた


これから 私の姉の意見も聞いた上で
出来るだけ早い段階で 実家の後継者を決めることになる



ついに来たか。。。 という感じだけれど


いつかは 私の子供達もぶつかる問題
子供達にも相談しながら 話を進めようと思っている






プロフィール

☆choco☆

Author:☆choco☆
*...*...*...*...*...*...*...*...*

23年振りに再会した元彼

お互いがそれぞれの時間を過ごし

幸せな家庭もありました

そんな私達が・・・

惹かれあい、悩みながら

今は一緒に過ごしています

不快に思われる方は素通りして下さい

記事・画像の無断転載はお断り致します

*...*...*...*...*...*...*...*...*

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR